水道水の成分

「水道水は飲めない」そんな決まりごとがあるかのように
今では浄水器をつけたりミネラルウォーターを買ったりなど、水対策がされています。

昔は井戸水などもありとても飲み水はきれいだとされていたのですが、現在では逆に危険だという声もあります。
水道水を直接飲む人は全体の3割しかいないとか・・・

では水道水にはどのような成分が含まれているのでしょうか。
水道水には、天然水やミネラルウォーターのようにミネラル成分が含まれています。
ナトリウムやカルシウムやマグネシウムといったミネラル成分が含まれているのですが、
それとは別に、やはり気をつけないといけない物質も含まれています。

その代表が「塩素」です。
そもそも、なぜ水道水に塩素が混じっているのかご存知ですか?
私たちが生活排水として流しているお風呂やトイレの水、食器を洗った水などは
そのまま下水道に入り、水道水の原水となっているのです。

いろいろなところから流れ込んできた水ですので、このままでは大腸菌や雑菌がうようよいますので水道水として使うことはできません。

そこで塩素で殺菌するのですが、浄水場では塩素を2度投入して病原菌を殺菌消毒 します。

塩素は水道水の安全を確保するために必ず必要なものですので、水道水1リットル当たりに0.1mg以上の塩素が残るように決められています。
(これは日本での基準です)
この1リットルに1mgというのは浄水場から一番遠い家でも残らないといけませんので、
もちろん浄水場から近い家ではもっと高い濃度になります。


実際、私は引越しした初日にお風呂に入って、肌がかゆくなったことがありました。
これは今までいた家より塩素濃度が高かったためだと思います。

浄水場から一番近い家の塩素濃度は1mg/リットルにもなるそうです。
これは、スイミングプールの塩素濃度よりも高い値だそうです。

今回は塩素のことを詳しく書きましたが、
ほかにも腎臓機能障害やアルツハイマーを引き起こす可能性があるとされる「アルミ」や、
水道水成分で最も危険だとされる「トリハロメタン」。

このトリハロメタンは発がん性物質と言われています。
他にも流産の引き金になったり、肝臓や腎臓に障害を引き起こすのではとも言われています。

また、「鉛」もよく聞きますね。
鉛管やアスベスト管は昔水道管の材質として使われていました。

しかし、廃止され今でも急ピッチに取替え作業が進められていますが、全国の約20%がまだ鉛管やアスベスト管だそうです。
この鉛管やアスベスト管から水が通るたびに鉛やアスベストの成分がわずかですが溶け出していると言われています。
この鉛やアスベストも脳障害を引き起こしたり、痴呆の原因、腎臓障害、を引き起こすとも言われています。

ちょっと怖いお話だったかもしれませんが、直接水道水を飲むのは危険だということがおわかりいただけたのではないでしょうか。
水を飲むこちら側が対策を考えなくてはいけないようですね。