赤ちゃんは水分が多い?

生まれたばかりの赤ちゃんはとてもかわいいですね。
見たことがありますか?
お母さんのお腹から出てきたばかりの赤ちゃんは一生懸命泣いて呼吸を始めます。

「羊水」と呼ばれるお母さんのお腹の中で育ってきた赤ちゃんが初めて空気に触れる瞬間ですよね。

そして、その赤ちゃんを触るとスベスベ、ツルツルです。
けど、どうして赤ちゃんはこんなに肌がスベスベでツルツルしているのでしょうか。

それは、水分量の違いにあります。

大人は体内の水分量は60〜70%と言われていますが、
赤ちゃんはなんと水分量80%で誕生してくるのです。

赤ちゃんの肌がみずみずしく、スベスベしているのはこのためです。

では、なぜ赤ちゃんがこんなに多くの水分を含んで誕生してくるのでしょうか。
それは、成長過程にあります。

赤ちゃんは、成長するために新陳代謝を何回も繰り返して成長します。
その過程で水はとても重要な働きをするので、これほど多くの水分量を保って誕生してくるのです。

ですので、赤ちゃんの水分補給や特にミルクを作るときには気をつけなければいけないことがあります。

赤ちゃんのミルクを作る時はミルクに適した水を選ばなければいけません。
赤ちゃんに適した水は「軟水」と言われる水で、この軟水とは水の硬度のことですが
水の硬度が100未満の「軟水」を選ぶようにしましょう。
(日本の水道水はほとんどが軟水か中軟水(中硬水)です)

硬水になるとミネラル成分の含有量が多くなるため、粉ミルク自体の栄養分のバランスを崩してしまう恐れがあります。
ミネラルが豊富だからいいというわけではないのです。

市販されているミネラルウォーターも海外のものもたくさん出ています。
海外のものは軟水や硬水、いろいろありますから、
赤ちゃんのミルク作りに適した「軟水」を選ぶようにしてくださいね。

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので水分不足をとても嫌がります。
子育てをされたお母さんは経験したことがあるのではないでしょうか。
「え?まだ飲むの?!」なんてことありませんでしたか?
赤ちゃんはミルクをいっぱい飲んで、たくさん代謝を繰り返していっぱい汗をかきながら成長しますので、水分不足にならないようにこまめに水分補給をしてあげましょう。
こちらの商標とは?の解説サイトもオススメサイトですので是非、ご覧ください。