水の種類

「水」という言葉は一般的に「水」単体に向けてしか使われませんが、
水に種類はないのでしょうか。

ミネラルウォーターや天然水など呼ばれているものもありますが、 水にはいったいどれくらいの種類があるのでしょうか。

アルカリイオン水
水道水
海洋深層水
酸素水
ナチュラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーター
ミネラルウォーター
ボトルドウォーター
RO膜水(逆浸透膜=ピュアウォーターとも呼ばれています)
還元水
など今上げただけでもこれだけの数があります。

簡単に説明していきますと、
アルカリイオン水は水にカルシウム化合物を添加して電気分解した水です。
アルカリイオン水は厚生労働省が「機能水(特別な機能を付加した水)」として唯一認めている水です。
体内にも吸収されやすい水です。


水道水は、文字通り水道の蛇口をひねると出てくる水ですね。

これにはミネラル成分も含まれていますが、有害成分も含まれているのではないかと言われています。


海洋深層水とは、水深200mより深いところに流れている海水が海洋深層水と言われています。

太陽の光が入らず水温が低いので海洋性細菌が少なく汚染がないと言われています。
体内のミネラルバランスと似ているそうですね。


酸素水は、多量の酸素を水に溶かしたもので、環境汚染や浅い呼吸になったりすると酸素が不足して、めまいや動悸を引き起こしたり集中力が低下します。

そんな時この酸素水を飲むと水を摂取すると同時に酸素を効率よく吸収できるというわけです。


ナチュラルウォーターは特定の水源から採取された地下水を原水とした水で ろ過・沈殿・過熱殺菌のみで処理された水です。

ナチュラルミネラルウォーターは特定の水源から採水された地下水のうち、地下で 滞留、もしくは移動している時に地層中のミネラルが溶解した水のことです。

最も天然水に近いのがこの水で、ろ過・沈殿・過熱殺菌のみで処理されています。

ミネラルウォーターはナチュラルミネラルウォーターと同じ水を原水とする水ですが、
ナチュラルミネラルウォーターとは処理方法が違います。

ミネラルウォーターの場合は、ろ過・沈殿・過熱殺菌のほかに複数の原水のブレンドや、
ミネラル成分の調節、ばっ気、紫外線殺菌、オゾン殺菌などが処理方法になります。

ボトルドウォーターは水道水や蒸留水や河川の表流水などで飲み水として認められた 水のことです。
処理方法は食品衛生法に基づきます。


RO膜水とは、ピュアウォーターとも呼ばれミクロレベルのフィルターでろ過した水のことです。

一般的なろ過システムでは「トリハロメタンやダイオキシン、ホルムアルデヒド、 O−157などの不純物は処理できませんが、これらの不純物を徹底除去し、 極めて純粋に近い水にしたのがこの水です。

と、一口に水と言っても今上げただけでもこれだけの種類があり、これだけの違いがあるのですね。

今、水を選ぶ側になっている私たちですが、皆さんはどの水を選びますか?
ミネラルウォーターの種類について解説しているサイトもありました。


どうぞ、参考になさってみてください。