湧き水とミネラルウォーターは一緒?

山の合間を流れ沸き水・・・
とてもきれいで飲みたくなりますよね。

ミネラルウォーターには、そんな○○で汲み上げた水!みたいなことがよく書かれていますが
湧き水(いわゆる天然水)とミネラルウォーターは同じなのでしょうか?

「○○で汲み上げた天然水」と書かれていますが、
ラベルの表示を見たら「ミネラルウォーター」って書いてある・・・。

これって同じなのかなと思ったことはありませんか?

ということで、解明していきたいと思いますが


まずミネラルウォーターがどんなものか説明したいと思います。
こちらのミネラルウォーターのサイトにも詳しい説明が記載されていますが、

ミネラルウォーターとは特定の水源から採水された地下水のうち、地下で滞留、もしくは移動している時に地層中のミネラルが溶解した水のことです。

天然水とはこのミネラルウォーターと同じなのですが、処理方法が変わると名前が変わります。

天然水の処理方法は、ろ過・沈殿・過熱処理の方法だけで処理した水です。

これにいろいろ手が加わったり処理方法が変わると、
ナチュラルミネラルウォーター
ミネラルウォーター
ナチュラルウォーター
ボトルドウォーター
に分類されます。

ということは、湧き水、いわゆる天然水とミネラルウォーターは処理方法が違うだけで
水源は同じですので、○○で汲み上げた天然水という商品のラベルにミネラルウォーターと書かれていてもおかしくないということになりますね。

ただ、山に流れている水をいきなり飲むのは危険なのでやめておいてくださいね。

○○のおいしい水の水源ですなど、看板が立っているようなところはいいのですが、
例えば山菜狩りに行って喉が渇いたからといってその辺に流れている水を飲むと、
見た目はきれいでもどんな成分が混じっているか分かりませんし、
どんな微生物がいるのかわかりませんので
きちんと決められたところで水は飲むように、持って帰るようにしてくださいね。


これをきちんと守ることができないと、どこの水がわからない水を飲んだがためにお腹を壊した
熱が出たなんてことになりかねませんし、熱やお腹を壊したくらいであればいいですが
もっと重篤なことになりかねませんのでどこの水でも飲まないようにしましょう。


きちんと水質調査をしていない水は、あんまり飲む気にもなりませんが・・・
ミネラルウォーターの銘柄名は商標登録されていること多いです。

商標登録については、この商標登録の検索のページや、商標登録検索のページに具体例などが載っています。