水と老化

人体と水とは切っても切れない関係です。

水が切れれば人は生きていくことができません。
そして、人体の水分量も水と大きく関わっています。


生まれたばかりの赤ちゃんの水分量は80%とも言われています。
成人の大人が60〜70%なので、とても水分を多く含んで誕生してきます。


一方、老人ともなると体の水分量は50%とも言われ、とてもすくなくなってきます。
しわが目立つのもそのせいですね。

老化は乾燥することでもあると思います。
水には基本的な新陳代謝の働きがあり、年をとると共に体の水分が少なくなって いくのは新陳代謝が衰えていくため、体内で作られる水分量が減っていくためだと言われています。


そこでミネラルウォーターの登場です。
ミネラルウォーターには4大ミネラルと言われる
「カリウム・マグネシウム・カルシウム・ナトリウム」が含まれています。
この4大ミネラルが老化防止にとても役立っているのです。

こちらでミネラルウォーターについて詳しく解説されています。



まずカリウムですが、老化にともない細胞内の水分が減少するとカリウムが失われて細胞の生命力がなくなってしまいます。
カリウムの減少は老化の確実な指標と言われているほどです。
ですので、カリウムを含んだ水をきちんと飲むことが老化防止に役立ちます。


次にナトリウムですが、今度は逆にナトリウムが増えると老化の印と言われています。
ナトリウムは水分が少なくなると細胞内に入り始めて、神経痛や筋肉痛の老化など以上を引き起こします。
ですから、良質の水をきちんと飲むということは老化防止につながるのです。


そして、忘れてはいけないのが「活性酸素」ですね。
活性酸素は悪いイメージがありますが、実は体内で発生した活性酸素の量がちょうどよければ
体内に侵入した細菌やウイルスを退治する「生体防御」の役割をしてくれるのです。

しかし、ストレスなどが原因でこの活性酸素が増えすぎると細胞の酸化や 老化を進ませてしまうのです。

この活性酸素を撃退するためには「酵素」が必要なのですが、酵素がさまざまな作業をしてくれています。
ですが、その作業が全て「水が存在している状態のなか」で行なうため、
水がないと酵素がうまく働かないのです。

そこで、水が必要になってくるのですね。
体内の水分が不足してくると酵素がうまく働かないので、酵素の動きを高めるには水分がとても重要になるのです。
何にしても老化を遅らせる、老化防止には水は欠かせないのですね。