水の硬さって?

私もよく知らなかったのですが、よく「軟水」とか「硬水」という言葉を聞きますよね。
この軟水とか硬水って何が違うのか全くわかりませんでした。
わかる人が飲めば「水の硬さ」が違うらしいのですが、私は飲んでみても全く わかりませんでした。

そこで、私のように詳しくわからないという方のために、調べた事をお話したいと思います。
水の硬さの違いというのは、
水の中に含まれる「カルシウム」と「マグネシウム」 の含有量の違いだそうです。


「な〜んだ、それだけの違いなんだ」と言われそうですが、
細かく説明すると、水の硬度が高くなるとカルシウムとマグネシウムの含有量が多くなり、
少ないと軟水というふうになります。

マグネシウムとカルシウムを足した含有量が
60mg/リットルまでを軟水
60〜120mg/リットルまでを中硬水(中軟水)
120〜180mg/リットルを硬水
180mg以上/リットルは超硬水
となります。
この基準は世界保健機関(WHO)の基準でアメリカの硬度が基準となっています。

ヨーロッパの水はほとんどが硬水で、日本の水は軟水が多いそうです。

硬水は日本人の口に合わないとされていて、水道水の硬度は100mg以下に抑えられていることが多いそうです。(沖縄県は硬水が多いですが、そのほかの地域では、ほとんどが中軟水か軟水です)

皆さんご存知のミネラルウォーターのエビアン(Evian)やヴィッテル(Vittel)は フランス産ですが、硬度が300mgを超えています。超硬水にあたるということ ですよね。
ですが、ボルヴィック(Volvic)は同じフランス産ですが軟水だそうです。

もし、軟水と硬水の違いを知らずにミネラルウォーターを選んでいる人がいるのであれば知ってよかったと今思われたのではないでしょうか。
こちらのサイトで便秘に効く硬水として、大変興味深い記事が記載されています。
自分の使い道や飲み方に合わせてミネラルウォーターを選んだほうがいいですからね。

ちなみにどの水が何に適しているかと言いますと
軟水は赤ちゃんのミルクを作ったり、お茶やだし汁に適しているそうです。

そして、硬水は灰汁(あく)を析出しやすいので灰汁(あく)の出る料理に適しているそうです。

さらに硬水は石鹸の泡立ちを抑えてしまうということもあるそうです。
特にアルカリ性の石鹸は成分が結合・凝固してしまい増粘するので、すすぎでとても苦労するそうですよ。
こう見ると、硬水のほうがカルシウムとマグネシウムを多く含むので硬水ばかりを飲んだ方がいいのかというとそうではありません。
ミネラルというのは一度に大量に摂取しても小腸が吸収しきれずに排泄されてしまいますし、
どんどん取ればいいのかというとそうでもなく、どんなミネラルにも適量というものがありますのでバランスよく摂ることが大切です。
まずは食事を毎回きちんとすることと、ミネラルウォーターを何回のも分けて飲む ことが上手にミネラルを体内に取り入れる方法だと思います。