頭痛と水

頭痛っていやですよね。
特に、頭痛もちの方や大事な場面での頭痛はたまりません。
ひどい人では口も開かないほどの頭痛に悩まされている方もいます。
しかし、頭痛はなぜ起こるのでしょうか。
「寝不足」「直射日光にあたりすぎた」「酸欠」「生理通」などなど、
頭痛の原因と されることはたくさんあります。

実は、冷え性の人に「頭痛が多い」とも言われています。
しかし、頭痛になりたくないからと、頭痛になる原因を全て避けて通ることは できませんし、
頭痛もちの方はいつ頭痛になるのかわからないこともありますよね。
頭痛はいきなりやってきます。

では、回避できないこの頭痛を和らげる、
治ってほしいときに皆さんはどうしますか?
まず、薬が思いつくと思います。
もちろん、頭痛薬を飲めば治まるかもしれません。

しかし、薬には副作用もあり、あまり頻繁に飲んでいると効かなくなってきます。
そこで、もし頭痛かなと思ったら、「水」を大量に飲んでください。
頭痛はいきなりガンガンまでにはなりませんので、
「あ、来たかな」というときに 水をたくさん飲むと和らいだり、治まることが多いのです。

脳梗塞や、脳の病気での頭痛は水を飲んだからと言って治ったりしませんので、
そういう場合はすぐに病院ですよ。
なぜ水を飲むと頭痛が和らいだり治ったりするかと言うと、
頭痛の原因は血の流れが 悪くなっている時と、水(水分)が足りず、
代謝も悪くなっている時、 簡単に言うと、血の巡りと水分不足で頭痛が起こりやすいそうです。

冷え性の人は血のめぐりが悪いのはご存知ですよね。
そのため、頭痛もちの人が多いと言われています。
そこで、頭痛を改善するには水を飲むことたくさん飲むことで頭痛が和らいだり、 治ったりすることが多いそうです。

あまりにも、ひどい頭痛のときには薬を使うことも必要ですが、
安易に薬を 飲むより、水分は頭痛を起こすだけでなく、
足がつったりするときも水不足だと 言われていますので、水分は冬場でも取るようにしましょう。
水分をあまり取らない人のも頭痛もちは多いそうです。

水分がたりないと、排尿もあまりないので老廃物が外に出ず、体にもよくありません。
冬場は寒いので夏場に比べて水分を取りにくいかもしれませんが、
水分不足により体に異常をきたすことはたくさんありますので、
少しずつでもいいので、 水分を取るように心がけましょう。
こちらの青汁をぬるま湯で飲む方法についての解説ページもおすすめです。